LED照明はお得なのか?

今や家電量販店やスーパーの家電売場で販売されている照明の多くはLED照明に切り替わりつつあります。
震災以来の電力需給の圧迫や、環境に対する意識の変化、また当初よりもLED照明の価格が下がったことも、その要因として考えられます。

そんなLED照明ですが、一番の売りといえるのは、蛍光灯照明よりも電気代などがお得であるといわれています。
しかし、実際はどうかというと、蛍光灯照明でも省電力の製品もあり、それとLED照明を比較すれば、消費電力の差はわずか数Wです。
つまり、長時間つけ続ける場所で、何年も使い続けなければお得であるという実感を持つことは難しいといえます。
夜になったら点灯するリビングなどではLED照明にしておき、寝室など比較的短い場所であれば蛍光灯でも問題はないでしょう。
ただし、長寿命で取り替える必要が殆ど無いので、取り換えの費用を含めて蛍光灯との差を考えてみましょう。

蛍光灯の寿命はおよそ13,000時間ですが、LEDの寿命はおよそ40,000時間から60,000時間です。
蛍光灯の場合には1日10時間の使用で4年程度の使用ができるわけですが、LEDでは10年以上交換なしということになります。
交換コストがシーリング用の蛍光灯が2,000円程度ですから、LEDが寿命となるまで3回取り替えたとして6000円の差になります。
LEDの場合には、電球を交換するのではなく、機器をまるごと交換することになりますが、安ければ5000円以内で手に入ります。
将来的に更に下がることもあります。
つまり、LED照明は、わずかでも電気代を抑えられ、取り換え費用も節約出来て、お得ということになります。