最近のLED電球

近年、普及し始めていて初めは比較的単価が高くなかなか気軽に変えるものではなかったのですが普及とともに単価も安くなってきていますし話題にもなっているLED電球です。

従来の電球と比べ様々なメリットがありますがデメリットもあり、それに注意しないといけません。
まず、メリットは、消費電力と寿命が以前のものより性能が高くなっています。
消費電力は以前のものより5分の1程度の消費電力で同じ照度を出すことができますので電気代も安くなりますし寿命も数倍以上長持ちするようになりました。
なので電球交換の頻度も減るので楽になります。

また、強度もあるほかに点灯までの時間が短くなりつけたらすぐ点灯するような感覚です。
熱も出さないので以前の電気をつけてると熱いと感じることはないので夏でも気軽に点灯できます。
逆にデメリットは、以前のものより強度があり、性能が上がっている分、重くなっているので昔の器具に取り付ける場合などには重みに器具が耐えきれない可能性があるので注意しないといけません。
また、以前の電球と比べ光を均等に放射できないため場所によっては暗く感じることもあると思います。
メリットでもあげた熱を出さないので雪国など雪が積もるようなところで外で使用する場合、雪がとけずに積もってしまって意味がない状態になってしまうので注意が必要です。

これらを踏まえLED電球のメリットはたくさんあり、家計にも影響していくと言えますしデメリットを踏まえ注意することでより快適に生活できます。