LEDと蛍光灯を比較する

蛍光灯と比べるとLEDは、消費電力が少ないので電気代が安くなります。

LEDは価格自体は高いですが、消費電力が5分の1にまで抑えられているので、1個購入すると蛍光灯を何個も買った時と同じコストパフォーマンスです。

寿命も長いので、取り替える手間が省けます。

特に女性は高いところにある照明器具まで身長が届かないので、照明器具を交換するだけで危険を伴います。

LED電球は長く使えて踏み台や脚立を使った作業の頻度が減るので心配ありません。

LED電球の寿命は蛍光灯の40倍と言われています。半日ほど明かりをつけっぱなしにしても、10年くらいは寿命が尽きないのでお風呂場や洗面所などそれほど電気を点けない部屋に使えば1回も取り替えないで、リフォームなどで交換する場合もあります。

寿命が長ければゴミも減るため、蛍光灯よりも地球環境に配慮しています。

蛍光灯の中のは消費電力を大幅に小さくして価格も抑えたタイプはあります。

しかしLEDはスイッチを入れるとすぐに点灯する点で優れています。省エネ型の蛍光灯ではスイッチを入れても最初は薄暗くて完全に明るくなるまでに時間がかかるので、場所によっては使うことができません。

LEDはスイッチを入れた瞬間に最大まで明るくできるので、頻繁にスイッチを触っても寿命に影響しません。

一方で、LEDの多くがまっすぐ下方向しか照らしません。蛍光灯は上下あらゆる方向を明るく照らすので、LEDでは置き換えられない場合もあります。