LED照明の選び方ガイド

LED照明の選び方で大切なのは、配光やエネルギー効率を調べて、最も適切な機種を部屋ごとに設置することです。リビングの直接照明として使う場合には、天井に取り付けるシーリングライトやペンダントライトを選ぶことができます。シーリングライトにする場合には、調光が可能な機種にすれば、時間帯に応じて節電がしやすくなります。LED照明のペンダントライトは、光源が最初から付いているものや、LED電球を自由に取り付けできる機種があります。

食卓でLED照明を使う場合には、ランプ効率ばかりを優先せずに、演色性に配慮して選ぶことが大切です。平均演色評価数が高いLED照明を使えば、食べ物が美味しそうに見えて、雰囲気も温かくなります。食卓だけでなく、洗面台で使う場合にも、高い演色性能が求められています。

廊下に適したLED照明には、シーリングライトに加えて、埋め込み型のダウンライトなどがあります。雰囲気を醸し出すために、壁に取り付けるブラケットライトを選ぶことも可能です。廊下で使う時間が短い場合には、ランプ効率よりも演色性を優先させて、色味をよくする方法で選ぶこともおすすめです。

浴室で使用するLED照明は、防水に対応している機種が多いのが特徴です。密閉式の器具に対応するLED電球を取り付けても、同様に優れた性能を発揮します。トイレ用に選ぶ場合には、光色の違いによって雰囲気が大きく変わります。冷たい光色を選べば便器の汚れが目立ちやすくなりますが、同時に清潔感を出しやすいメリットがあります。

サイトをご紹介/パナソニックFANクラブ/ショッピングカート設置/心の童話/オーディオ